スマホ

ahamo(アハモ)とpovo(ポヴォ)を比較!おすすめはどっち?

2021年7月10日

ahamoとpovoを比較

LINEMOはないけど、ahamoとpovoのどっちにするか迷うな~
ahamoの海外データ通信サービスが気になるな・・・

ahamo(アハモ)とpovo(ポヴォ)のどっちにするか決めかねてませんか?

この記事ではahamoかpovoへの乗り換えで迷っているあなたが、どっちか決められるようにしていますよ。

さっそく見ていきましょう!

【最初に結論】ahamoとpovoのそれぞれに向いている人

さっそくですが、ahamoに向いているのはこんな人です。

ahamoに向いてる人

ahamoはこんな方におすすめ

  • 海外旅行では海外WiFiレンタルをする
  • 月に数回計12分以上は固定電話やLINE以外の携帯に電話する
  • チャットボットではなく有人チャット対応が良い
  • 店舗でahamo申し込みなどサポートして欲しい

 

海外旅行では海外WiFiレンタルをする

ahamoのデータ通信容量は20GBで、国内だけではなく海外82カ国で使えます。

ahamoに乗り換えることで、今まで海外旅行時にレンタルしていた海外用WiFiルーターのレンタルが不要になります。

乗り換えによる携帯料金の大幅節約に加え、海外WiFiレンタル不要で浮いたお金で旅行のお小遣いも増えてお得です。

 

月に数回は5分くらい固定電話やLINE以外の携帯に電話する

ahamoは通話5分かけ放題が、基本料金にふくまれています。

月に何度か5分以内の通話をする方は、オプションなしで何度でも通話ができるahamoがお得で向いています。

 

チャットボットではなく有人チャット対応が良い

ahamoのサポートは最初から人によるチャット対応です。

povoはボットチャットが基本なので、問い合わせに対するスムーズな解決対応が難しいです。

最初から人が対応してくれる安心のサポートが必要ならahamoに乗り換えましょう。

 

店舗でahamo申し込みなどサポートして欲しい

ahamoは基本、ネット申し込み専用の格安スマホサービスです。

しかし、希望があれば3,300円の有償で、ドコモ店舗でネット申し込みのサポートを受けられます。

ネットオンリーの対応に不安がある方でも、安心してahamoに乗り換えられます。

3,300円という料金ですが、ahamoへの乗換で月額2~3,000円のスマホ料金削減を実現できるケースが多いです。

年間2~3万円のコスト削減ができることを考えれば、3,300円は約1ヶ月で元が取れる計算なので、それほど負担には感じないのではないでしょうか。

 

povoに向いているのはこんな人です。

povoに向いてる人

povoはこんな方におすすめ

  • 電話はLINE無料通話くらいしかしない
  • 月に2~3回データ使用量が激増するので20GBを超える
  • サポートはチャットボットで大丈夫
  • 店舗サポートはいらない

 

電話はLINE無料通話くらいしかしない

povoは5分かけ放題をなくすことで、月額料金を2,728円とahamoより安くしています。

スマホでほぼ電話をしない人なら、5分かけ放題は不要なので少しでも安いpovoが向いています。

電話はするけどLINEの無料通話で間に合っているという方もpovoがピッタリですね。

もし、月に数回でも固定やLINE以外の携帯に電話する場合は、通話オプションを付けるとpovoは逆に割高で損します。

そういう方はahamoが向いています。

月に2~3回データ使用量が激増するので20GBを超える

povoは1日220円でデータ通信が無制限になるオプションがあります。

ahamoにはこのオプションはありません。

月に何度か動画をめちゃくちゃ見る日があるなど、ピンポイントで大量にデータ通信量を消費する使い方をする方は、povoが向いています。

 

サポートはチャットボットで大丈夫

ahamoと違い、povoのサポートは基本チャットボットです。

ボットが答える回答例でほとんど解決できるような人は、povoが向いていますね。

経験的にボットチャットでは満足出来ないケースがあったり、いらついた経験があるなら、すぐに人がチャット対応してくれるahamoが向いています。

 

店舗サポートはいらない

povoはahamoとは違い、有償でも店頭でのネット申し込みサポートは受けられません。

ネットで全然OKな方は、povoが向いていますね。

もし、ネットだけでの申し込みに不安があるなら、有償ですがドコモ店頭で申し込みサポートを受けられるahamoがおすすめです。

 

ahamoとpovoの総合比較

項目 ahamo povo
基本サービス 月額料金 2,970円 2,728円
データ容量 月20GB 月20GB
20GB超過後 最大1Mbps 最大1Mbps
海外データ通信 最大月20GB なし(検討中)
通話5分かけ放題 無料 なし
国内通話 44円/1分 44円/1分
オプション 1GB追加 550円 550円
1日データ無制限 なし 220円
5分かけ放題 基本サービスに込み 550円
通話かけ放題 1,100円 1,650円
テザリング 無料 無料
留守番電話 なし なし
キャリアメール なし なし
SMS 対応 対応
esim 対応検討中 対応予定
電話サポート なし なし
Webサポート 有人チャット チャットボット
店頭サポート お申込み手続き 3,300円 なし
契約後各種手続きお手続きサポート 3,300円 なし
契約 20歳以上の個人(親権者名義除く) 20歳以上の個人
支払方法 クレジットカード/口座振替 新規/UQ/他社から乗り換えの場合、最初はクレジットカード申し込み(加入後口座振替変更可)

※税込

 

ahamoとpovoの基本料金プランを比較

ahamoとpovoの基本料金の比較です。

項目 ahamo povo
月額基本料金 2,970円 2,728円
データ容量 月20GB 月20GB
通話5分かけ放題 無料 (オプション)

※税込

ahamoは月20GBのデータ通信に、5分通話かけ放題がついて月額2,970円。

povoはahamoとデータ通信容量20GBは同じですが、5分かけ放題はついていなくて2,728円です。

通話をする機会がほとんどなく通話オプションを付ける必要のない方は、povoにすることで月額料金を安くできますね。

 

電話(通話)するならahamoが安くてお得

項目 ahamo povo
月額基本料金 2,970円 2,728円
5分かけ放題込み料金 2,970円 3,278円(オプション550円)
通話かけ放題込み料金 4,070円(オプション1,100円) 4,378円(オプション1,650円)

※税込

povoは5分かけ放題オプションを付けると、月額3,278円になりahamoよりも割高になり損です。

月額料金の安さを理由にpovoが気になっている方は、契約後に本当に通話をする機会がないかよく考えることをおすすめします。

乗り換えるのってけっこう面倒ですからね。

povoが向いているのは、ほぼLINEの無料通話でしか電話をしない方ですね。

固定電話にかけたり、LINEを持っていない方にも電話をする機会のある方はahamoが向いています。

5分かけ放題でも通話かけ放題オプションでも、電話をする機会がある方は結局ahamoのほうが向いていますね。

私は月に数回以上は電話をするので、5分かけ放題込みのahamoを選びました。

そして、今後5分かけ放題では足りなくなったときのことも考えて、通話かけ放題オプションに変更してもahamoはpovoよりも月額料金が安くなるので満足しています。

 

ahamoとpovoのサポートを比較

ahamoのサポートは、すぐに有人のチャットサポートを受けられます。

公式サイトの「よくある質問」を見ても、不明点を一発で解消できないことって多いですよね。

ahamoならすぐにチャットのスタッフさんに質問でき、問題をクリアにできるので便利で安心です。

私はahamo申し込み前に何回もチャットで質問をしましたが、ほとんどのことはすぐに解決できました。

なので、ahamoに安心して申し込むことが出来ました。

povoのサポートは、有人のチャットではなくチャットボットです。

チャットボットは、あらかじめ用意されている答えが機械的に表示されるだけなので、不明点をすぐに解決できず不満が残る可能性が高いです。

ahamoもpovoも格安料金プランなので、電話のサポートが受けられないのはデメリットです。

ahamoの場合は有人のチャットサポートが使える分、安心して使えますね。

 

ahamoとpovoのオプションを比較

電話5分かけ放題を比較

ahamoは最初から、5分かけ放題がついて月額2970円。

povoは5分かけ放題を付けると3,278円です。

気になるのは、5分かけ放題をどう見るかですよね。

通話料はahamoもpovoも、1分44円です。

povoの場合、仮に週1回3分の電話をすると132円なので、月にすると4回で528円です。

1回3分の電話を月に4回以上する方なら、5分かけ放題のオプションをつけて3,278円のpovoにするより、最初から5分かけ放題つきで2,970円のahamoの方がお得ですね。

povoはLINEの無料通話しかしないような使い方をする人むけです。

 

かけ放題オプションを比較

電話かけ放題オプションはahamoが1,100円、povoが1,650円なのでpovoが550円高いです。

乗り換え前から自分が電話をたくさんするタイプだとわかっているなら、ahamoの方が確実に安くなりお得ですね。

ahamoもpovoも、通話料金は1分44円です。

povoで週1回10分の電話をすると440円かかるので、月4回では1,760円。

月に合計で40分をこえる電話をするタイプの人は、povoよりahamoに乗り換えて、かけ放題オプションを付ける方が安くてお得になりますね。

LINE無料通話以外にも、電話をする機会が多い方はahamoが向いていますよ。

 

1日データ無制限オプションを比較

povoには220円で1日使い放題の、データ無制限オプションがあります。

ahamoには1日データ通信し放題のオプションはありません。

日頃からデータ通信量は多めだけど、さらに特定の日にもめちゃくちゃデータ通信をするようなタイプの人には、220円のオプションでで1日データ使い放題にできるpovoはお得で便利。

月に4回データ無制限オプションを使っても1,000円未満なので、月額料金は4,000円以下におさえられますね。

 

データ容量1GB追加を比較

ahamoもpovoも、月のデータ容量20GBを超えた場合に、1GBを550円で追加できます。

最初から20GBの容量ではもの足りないだろうなと思う方は、1日220円でデータ無制限のオプションがあるpovoが便利ですね。

 

有償の店舗サポートを比較

有償の店舗サポートが受けられるのはahamoです。

povoは非対応です。

ahamoのサポートはpovoに比べて優れています。

Webのサポートが有人チャットサポートが基本となっているのに加え、有償ではありますが店舗でahamoの申し込み手続きのサポートを受けられます。

ahamoの申し込み時の手続きサポートと、ahamo契約後の各種手続きサポート を受けられます。

1回3,300円の店頭有償サポートですが、利用価値が高いです。

3,300円は高いと感じるかも知れませんが、ahamoへの乗り換えで月額が数千円も安くなることを考えれば、余裕で元が取れます。

私の例で言えば、ソフトバンクで月額6,933円かかっていたところ、ahamoへの乗換で月額2,970円になりました。

なんと、携帯料金が月に3,963円も安くなりました。

乗り換えの最初の月で、3,300円の有償サポート代を捻出できます。

また、ahamoに加入後に年に1~2回の手続きサポートを受けるとしても、年間数万円のコスト削減ができているので、充分支出できるはず。

一般的に、ご高齢の方には格安スマホはむずかしいと言われがちですが、乗り換えで月額料金の3,000円くらい安くなるのであれば、有償サポートを使ってトータルで安くなれば充分お得ですね。

 

海外データ通信(海外ローミング)を比較

海外でネット検索や地図アプリが使える、データ通信サービスについては、ahamoが月20GBを海外でも使えるようになっています。

povoは2021年7月時点で、サービス提供を検討中としていて、明確な情報が出ていません。

現状、ahamoが優勢ですね。

povoは海外渡航が再開するギリギリまでねばって、着地点を探っている様子ですね。

海外旅行に行く際に海外用のWiFiルーターをレンタルしている方に、ahamoはとてもお得で便利です。

海外WiFiレンタルは1日500MB程度のルーターレンタルが数百円から千円ちょっとします。

毎回海外旅行に行くたびに何千円も支払うことになり、また、重たいルーターを持ち歩く面倒があります。

ahamoならスマホだけ持って歩けば良いので、すごく楽ですよね。

価格comでハワイ4泊6日分の海外WiFiレンタルをすると、最安のフォートラベル GLOBAL WiFi でも4,674円します。

ahamoなら月2,970円の携帯料金分で、まかなえるのでメッチャお得です。

海外旅行先でテザリングもできるので、同行者の分も海外WiFiレンタルと同様にまかなうことだってできます。

 

キャリアメールの提供有無を比較

ahamoもpovoもキャリアメールの提供はありません。

今キャリアメールを使っているのであれば、この機会に脱キャリアメールすることをおすすめします。

私の場合、もう10年以上はキャリアメールを使っていません。

銀行もクレジットカードもすべてGmailで登録して、問題なく使えていますよ。

一応、ヤフーメールやマイクロソフトのメールも1個ずつ持っていますが、断トツでGmailが使いやすいです。

キャリアメールの代わりにフリーメールを作るなら、Gmailを強くおすすめします!

 

ahamoとpovoのテザリングで比較

ahamoもpovoもテザリングが無料で利用できます。

 

ahamoとpovoの端末購入できるかで比較

ahamoは端末購入ができますが、povoは端末購入はできません(2021年7月時点)。

ahamoで購入できるスマホ端末は以下の通りです。

  • iPhone11
  • Xperia 1 II SO-51A
  • Galaxy S20 5G SC-51A

 

ahamoとpovoのesim対応を比較

ahamoとpovoで、esim対応は異なります。

ahamoは対応検討中となっていますが、時代の流れ的にesimに対応せざるを得ないでしょう。

項目 ahamo povo
esim 対応検討中 運転免許証/マイナンバーカード/健康保険/

 

ahamoとpovoのiPhone対応機種で比較

ahamoとpovoではiPhoneの対応機種は同じですね。

項目 ahamo povo
月額料金 iPhone 12 Pro Max
iPhone 12 Pro
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone 11 Pro Max
iPhone 11 Pro
iPhone 11
iPhone XS Max
iPhone XS
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8 Plus
iPhone 8
iPhone 7 Plus
iPhone 7
iPhone 6s Plus
iPhone 6s
iPhone 6 Plus ※1
iPhone 6 ※1
iPhone SE(第2世代)
iPhone SE(第1世代)
iPhone 12 Pro Max
iPhone 12 Pro
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone 11 Pro Max
iPhone 11 Pro
iPhone 11
iPhone XS Max
iPhone XS
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8 Plus
iPhone 8
iPhone 7 Plus
iPhone 7
iPhone 6s Plus
iPhone 6s
iPhone SE (第2世代)
iPhone SE (第1世代)

 

ahamoとpovoを支払方法で比較

ahamoは申込み時に新規・他社からの乗り換えに対して、クレジットカードと銀行口座振替に対応しています。

しかし、povoは新規・他社からの乗り換えともに、クレジットカードでの申し込みしかできません。

項目 ahamo povo
支払方法(新規/他社乗り換え) クレジットカード/口座振替 クレジットカード

povoはクレジットカードで加入後に、口座振替に変更はできます。

 

【まとめ】あなたに向いているのはこっち!

以下を見ると、ahamoとpovoのどっちがあなたに向いているか、すぐにわかります!

ahamoに向いてる人

ahamoはこんな方におすすめ

  • 海外旅行では海外WiFiレンタルをする
  • 月に数回計12分以上は固定電話やLINE以外の携帯に電話する
  • チャットボットではなく有人チャット対応が良い
  • 店舗でahamo申し込みなどサポートして欲しい

 

povoに向いてる人

povoはこんな方におすすめ

  • 電話はLINE無料通話くらいしかしない
  • 月に2~3回データ使用量が激増するので20GBを超える
  • サポートはチャットボットで大丈夫
  • 店舗サポートはいらない

 

※povoは2021年7月時点で、海外データ通信(海外ローミング)のサービス内容を明示していません。

-スマホ

© 2021 なつみんブログ